2019年 4月の通信販売と、チケット情報
プレイガイド
 
画像クリックでPDFがご覧いただけます


★ 広重―雨、雪、夜 ★
~ 風景版画の魅力をひもとく ~
Hiroshige - Rain,Snow,Night


江戸後期の浮世絵師・歌川広重(1797-1858)は、
独特な構図と豊かな色遣いによる詩情豊かな風景版画で、多くの人々に親しまれています。

居ながらにして旅の気分を味わうことのできる街道絵
各地の名所を描く名所絵と、彼の描き出す風景は多岐にわたります。
しかし、広重の場合は単に名所を描くのではなく
季節、天候、時間帯など、さまざまに組み合わせた設定をすることによって
行ったことのない場所の魅力が倍増されるのです。

本展では、広重の代表作である
保永堂版・『東海道五拾三次之内』全作品をはじめ
主要な風景版画約150点を展示し、各作品の特徴や
造形上の工夫などの鑑賞ポイントを一つひとつ紹介しながら
広重作品の魅力を改めて読み解きます。

◆日時  :  2019年6月8日(土) ~ 7月15日(月・祝)
      9:30~18:00(入場は17:30まで)※月曜休館
◆会場 : 岩手県立美術館(盛岡市本宮字松幅12-3)

◆入場料: 
      一般・大学生 800円(当日1,000円)
      学生・高校生 500円(当日 600円)
      小学生・中学生 300円(当日 400円)

  通信販売 
2019年版、新登場しました
【象印特選品フェア】

チラシPDF

表示価格での販売です


価格表
申込みFAX用紙PDF